オムニバス授業 地球環境史学「ダニとアメーバの世界」

画像は本文とは別途

2020オムニバス授業地球環境史学

地球科学や生物化学の分野の第一線で活躍する研究者をお招きして、専門分野における最先端の研究成果をわかりやすく、深く、面白く、オムニバス形式でお伝えします。ふじのくに地球環境史ミュージアムで、自然と人の暮らしの過去、現在、未来を考えて見ませんか。

2021年1/23(土)14:00-15:30

「ダニとアメーバの世界」

法政大学教授 島野智之

ダニもアメーバもその名前を知らない人はいないと思いますが、どのような生物かを知っている人は少ないでしょう。ドイツの哲学者ハイデッガーは、視覚も聴覚もないダニは「貧しい世界」に暮らしていると考えました。それではアメーバの世界はさらに貧しいのでしょうか?ダニやアメーバを追いかけて世界を飛び回る“ダニ・マニア(※)”の島野智之教授は、アメーバやゾウリムシなどの単細胞生物、ダニやムカデなどの節足動物、冬虫夏草の菌類などの新種の命名をおこなってこられました。本当にそれらは貧しい世界に暮らしているのでしょうか?教授にとって自然はどの様に見えているのかをお話し頂きます。<※「ダニ・マニア」島野教授著の書籍(八坂書房刊)のタイトルです。>

会場:ふじのくに地球環境史ミュージアム2階講堂

料金:常設展観覧券が必要です。

申込方法:電話054-260-7111 メールinfo@fujimu100.jp ミュージアム窓口

(必要事項:1受講したい日付 2参加者氏名 3申込人数 4電話番号)

*メールの場合、タイトルを「地球環境史学申込み」としてください。

受付締切:講座開催日の2日前まで

定員:先着50名