沿革

開館後のあゆみ

平成28年3月26日
開館

開館までの経過

昭和61年
県立博物館構想の検討
平成7年
自然系博物館の検討
平成13,14年
自然学習・研究機能調査検討会設置
平成15年
自然史資料の収集保管業務開始(教育委員会三島分館)
平成17年
自然史資料の収集保管場所の移転(旧中部健康福祉センター庵原分庁舎)
平成20年
名称を静岡県自然学習資料センターとして設置
平成20年
博物館実習の受入開始
平成21年
公式HP「静岡の自然を学ぼう」公開
平成22年
移動ミュージアム(出前博物館、ミニ博物館)の開始
平成23年
静岡県立静岡南高校の跡地利用が決定
平成24年4月
企画広報部企画課に博物館準備担当を配置
平成25年1月
自然学習資料センター整備方針検討委員会設置
平成25年3月
自然学習資料センター整備方針策定
平成25年3月
静岡県立静岡南高校が高校再編整備により閉校
平成25年4月
企画広報部企画課に自然学習資料センター整備班(4名)を設置
平成25年7月
ふじのくに自然系博物館基本構想検討委員会設置
平成25年9月
改修設計終了 (6~9月)
平成26年1月
改修工事着手
平成26年3月
ふじのくに地球環境史ミュージアム基本構想策定
平成26年4月
文化・観光部にふじのくに地球環境史ミュージアム整備課(6名)を設置
平成26年6月
研究員2名採用(環境史、昆虫)
平成26年7月
改修工事完了、収蔵品等の移転
平成27年4月
ふじのくに地球環境史ミュージアム開設(13名)
平成27年4月
初代館長に安田喜憲氏を任命
平成27年4月
研究員3名採用(脊椎動物、植物、古生物・古生態)
平成27年6月
ミュージアムキャラバン開始
平成27年12月
ふじのくに地球環境史ミュージアムの設置、管理及び使用料に関する条例の公布
平成28年1月
研究員1名採用(地質・岩石・地震)