展示

1.常設展

教室等をリニューアルした10の展示室にて、地球環境史をテーマとした展示を行います。多数の標本を通じて、郷土の自然の豊かさを実感していただくとともに、「本当の豊かさとは何か?」という問いかけを、地球とヒトの歩んできた歴史を振り返りながら考えていく構成となっています。

詳しくは常設展ページへ

2.企画展

開催中の企画展

ミュージアムキャラバン「化石の世界」

ミュージアムキャラバン展

開催期間
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)
説明
県内の学校などで大人気の出張展示「ミュージアムキャラバン」。
今回は静岡の化石やアンモナイトなどを集めた「化石の世界」、川魚から駿河湾の深海ザメまで、静岡で見られる様々な魚を集めた「魚の世界」を展示します。
詳しくは企画展ページヘ
 

3.コレクション展

開催中のコレクション展

ミュージアム新収蔵品展

平成29年度にミュージアムに新たに収蔵された自然史標本(化石・昆虫・魚類等)の中から、選りすぐりの逸品を紹介します。

開催期間
平成30年3月21日(水・祝)~平成30年5月27日(日)
場所
ふじのくに地球環境史ミュージアム2階企画展示室2
観覧料
無料(観覧には常設展観覧券(一般300円)が必要です。)
詳しくはコレクション展ヘ
 

4.トピックス展

開催中のトピックス展

東アフリカから見つかった人類化石とその古生態

私たち人類は、アフリカ大陸で進化してきたと考えられています。
東アフリカの大地溝帯からは、人類化石が多数見つかっています。私たち人類の祖先は、どのようなものを食べて、どのような環境で進化してきたのでしょうか。
これまでに行われた最新の分析結果をご紹介します。

開催期間
平成30年4月17日(火)~6月10日(日)
場所
ふじのくに地球環境史ミュージアム2階ホットトピックギャラリー
観覧料
無料(観覧には常設展観覧券(一般300円)が必要です。)
詳しくはトピックス展ヘ
 

5.ミドルヤード展示

開催中のミドルヤード展示

ヘルマン・ヘッセと蝶・蛾展

ヘルマン・ヘッセ(1877-1962)は、 ドイツ 詩人・小説家です。
本展では「少年の日の思い出」を中心に、ヘッセの作品に登場する蝶・蛾の標本を作品とあわせて展示します。

開催期間
平成30年1月13日(土)~2月25日(日)
場所
ふじのくに地球環境史ミュージアム2階講座室D
詳しくはミドルヤード展示ヘ

静岡県の甲殻類・貝類展

静岡県に生息する甲殻類や貝類約200点を展示します。貝やカニの生態につい て、砂浜や磯、深海など生活環境ごとに紹介します。

開催期間
平成30年1月31日(水)~4月8日(日)
場所
ふじのくに地球環境史ミュージアム1階講座室B
詳しくはミドルヤード展示ヘ
 

7.年間スケジュール