展示

1.常設展

教室等をリニューアルした10の展示室にて、地球環境史をテーマとした展示を行います。多数の標本を通じて、郷土の自然の豊かさを実感していただくとともに、「本当の豊かさとは何か?」という問いかけを、地球とヒトの歩んできた歴史を振り返りながら考えていく構成となっています。

詳しくは常設展ページへ

3.次回の特別展示

4.地球家族会議

私たちは一つの星に生きる“家族”

常設展示の中、展示室9・10にて地球家族会議と呼ぶ対話型の展示を行っています。地球家族会議は、平日は4回、休日は6~8回行われます。1回20分程度の地球家族会議は、開館からすでに3000回以上開催しています。会議では、7+1の地球環境リスクの一つをテーマとして取り上げます。開催日ごとに進行役のインタープリターが入れ替わり、開催回ごとにテーマが異なるため、何度参加しても楽しんでいただけます。
2018年5月からスタンプカードの配布を始めました。カードにスタンプシールをたくさん集めた方に記念品をプレゼントしています。

今月の地球家族会議の進行役

(なお、予告なく変更する場合はあります。予めご了承ください。)

5.ミュージアムインタープリター

来館者と対話する交流員

ミュージアムには、思考を拓く展示を展開するにあたり、ミュージアムインタープリター(展示交流員)が毎日活動しています。ミュージアムインタープリターは、みなさまに地球環境リスクを解説した後、豊かな暮らし方のヒントを授けます。これからの自然と共生したライフスタイルの実現のために、共に考えてみましょう。

2018ミュージアムインタープリター

2018年度は総勢15名のミュージアムインタープリターが活動します。動物、植物、エコ活動、化学、岩石、地球科学、技術、幼児教育とその専門は多岐にわたります。対話を通じて、みなさんと「本当の豊かさ」を考えていきます。ミュージアム以外でも県内外で積極的に活動しています。

7.年間スケジュール