県勢標本ー「静岡発」自然史コレクションから見えるものー

ホンモノが、ここにある。

「県勢標本」とは、静岡県ゆかりの自然史標本のこと。県産化石をもとに新種記載されたナウマンゾウ、県内の地名が名につく生物や鉱物、地球上で本県の一部のみに生育する生物など、静岡県初の名だたる自然物は少なくありません。静岡県とはどのような土地なのか。厳選した実際の「県勢標本」たちが饒舌に語り始めます。

ギャラリートーク

7/18(日)11:30-11:50

7/31(土)11:30-11:50

8/8(日)11:30-11:50

講師:西岡佑一郎(ミュージアム研究員)

ホロタイプになったナウマンゾウ下顎骨化石標本の、発見から100年ぶりの里帰りに至るまでのエピソードを担当研究員が語ります。

企画展講演会&ギャラリートーク「県勢標本(昆虫編)」

【日程】7/24(土)  講演会 14:00-14:35 ギャラリートーク 14:40-15:00

【対象】どなたでも

【料金】観覧料のみ

【会場】ミュージアム2階講堂・企画展示室1

【講師】岸本年郎(ミュージアム研究員)

【お申込フォームはこちら】

企画展講演会&ギャラリートーク「県勢標本(魚編)」

【日程】8/14(土)  講演会 14:00-14:35 ギャラリートーク 14:40-15:00

【対象】どなたでも

【料金】観覧料のみ

【会場】ミュージアム2階講堂・企画展示室1

【講師】渋川浩一(ミュージアム研究員)

【お申込フォームはこちら】

主催
ふじのくに地球環境史ミュージアム

県勢標本チラシ(PDF:545KB)

会期:
2021年4月24日(土曜日)~11月7日(日曜日)
※休館日は毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)
場所:
企画展示室1
観覧料:
常設展観覧券が必要です。