浜岡砂丘の風景と造形

浜岡砂丘の風景と造形
故・長田信義氏は、昭和42年頃から浜岡砂丘の様々な風景や流砂がつくる見事な造形の撮影を続けました。その写真は、静岡県芸術祭・写真部門で度々最高賞を受賞し、静岡県立美術館県民ギャラリーで個展を複数回開催したほか、平成14年にはニコンサロン(東京・銀座)でも個展を開催して、日本および外国の写真家から高い評価を得ました。本展示では、ミュージアムに寄贈された長田氏の写真コレクションの一部を紹介します。

協力
沖田 完治(静岡県写真愛好者芸術展 会長)
会期:
2018年10月6日(土)~10月28日(日)
会場:
企画展示室2
観覧料:
常設展の観覧券で御覧になれます。