富士山の日は常設展観覧料無料、特別講演、特別イベント等盛り沢山!!

画像は本文とは別途

ふじのくに地球環境史ミュージアムでは、富士山の日当日、常設展観覧料が無料になります。また、特別講演として2020年9月にふじミューに着任した中西研究員による講演と特別イベント「紫外線ビーズでかんたんストラップ」を開催いたします。さらに、企画展「食虫植物-シンカのからくり-」観覧の方にはミュージアムコンセプトブックをプレゼントします。皆さまのご来館をお待ちしております。

富士山の日特別講演 「駿河トラフから静岡にのびる地形」

講師 中西利典(ミュージアム研究員)

日程 2021.2/23(火祝)14:00-15:30

会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム2階講堂

受付期間 12/19~2021.2/21

ミュージアムがある有度丘陵の周辺から富士川の河口にかけては、プレート境界である駿河トラフから続く活断層などの構造があると考えられています。2020年9月にふじミューに着任した中西研究員が、それらの地形と地質の情報を整理して解説します。富士川河口の活断層を彫りぬいたボーリングコアを見ながら、駿河トラフからのびる地形と地質の成り立ちについて考えましょう。事前申し込みが必要です。

【お申込フォームはこちら】

富士山の日特別イベント 「紫外線ビーズでかんたんストラップ!」

講師 畑田直美(しずおか科学コミュニケーター倶楽部)・大木雪子(ミュージアムインタープリター)

日程 2021.2/23(火祝)10:00-13:00

会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム1階講座室A

受付期間 12/19~2021.2/12

紫外線で色が変わるビーズを使って簡単にできるストラップを作りましょう。事前申し込みが必要です。

【お申込フォームはこちら】

詳細チラシ(PDF:795KB)