日下宗一郎

日下 宗一郎 (くさか そういちろう)

Soichiro Kusaka

職名
准教授
専門
自然人類学,同位体地球化学
学位
博士(理学)
出身
1982年岡山県生まれ
HP
日下宗一郎のホームページ (外部リンク)

ヒトや霊長類の骨を対象として研究する自然人類学を専門としています。特に縄文時代の遺跡から出土した古人骨を対象として研究してきました。安定同位体分析という手法を用いることで、古人骨は雄弁に語り始めます。昔の人々がどのような食物を食べていたのか、子供の頃にどこに住んでいたのかについて明らかにすることができます。このような研究には、ヒトだけではなく、自然環境における地質や水質,動植物の情報が必要になります。これからは、様々な環境と豊かな生物相を持つ静岡県を中心としながら、ヒトと自然との関係を歴史的な観点から紐解いていきたいと思います。みなさんに面白いと思っていただける研究内容を、ミュージアムでの活動を通じて、わかりやすく発信していきたいと思います。

論文

  • Kusaka,S., Uno, K.T., Nakano, T., Nakatsukasa, M., Cerling, T.E., 2015. Carbon isotope ratios of human tooth enamel record the evidence of terrestrial resource consumption during the Jomon period, Japan. American Journal of Physical Anthropology. 158, (2), 300–311.
  • 日下宗一郎, 佐宗亜衣子, 米田穣, 2015. 縄文時代の國府・伊川津遺跡から出土した人骨の放射性炭素年代測定と炭素・窒素安定同位体分析, Anthropological Science (Japanese Series) 123, 31–40.
  • Kusaka, S., Nakano, T., 2014. Carbon and oxygen isotope ratios and their temperature dependence in carbonate and tooth enamel using GasBench II preparation device. Rapid Communications in Mass Spectrometry. 28, (5), 563–567.
  • Hyodo, F., Kusaka, S., Wardle, D.A., Nilsson, M.C., 2013. Changes in stable nitrogen and carbon isotope ratios of plants and soil across a boreal forest fire chronosequence. Plant and Soil. 367 (1–2), 111–119.
  • Morita, W., Kusaka, S., Yano, W., Nakatsukasa, M., 2012. Dental metric variability associated with human migration from skeletal remains of two Jomon sites (Yoshigo and Inariyama) in the Atsumi Peninsula area. Anthropological Science. 120 (2), 167–177.
  • Kusaka, S., Nakano, T., Morita, W., Nakatsukasa, M., 2012. Strontium isotope analysis to reveal migration in relation to climate change and ritual tooth ablation of Jomon skeletal remains from western Japan. Journal of Anthropological Archaeology. 31 (4), 551–563.
  • 日下宗一郎, 2012. 縄文時代人の食性と集団間移動−安定同位体分析による試論−. 考古学研究. 59(1), 92–102.
  • 日下 宗一郎, 五十嵐 健行, 兵藤 不二夫, 藤澤 珠織, 片山 一道, 2011. 伏見城跡遺跡から出土した江戸時代人骨の安定同位体による食性分析. Anthropological Science (Japanese Series). 119 (1), 9–17.
  • Temple, D.H., Kusaka, S., Sciulli, P.W., 2011. Patterns of social identity in relation to tooth ablation among prehistoric Jomon foragers from the Yoshigo site, Aichi prefecture, Japan. International Journal of Osteoarchaeology. 21 (3), 323–335.
  • Kusaka, S., Nakano, T., Yumoto, T., Nakatsukasa, M., 2011. Strontium isotope evidence of migration and diet in relation to ritual tooth ablation: A case study from the Inariyama Jomon site, Japan. Journal of Archaeological Science. 38 (1), 166–174.
  • Kusaka, S., Hyodo, F., Yumoto, T., Nakatsukasa, M., 2010. Carbon and nitrogen stable isotope analysis on the diet of Jomon populations from two coastal regions of Japan. Journal of Archaeological Science. 37 (8), 1968–1977.
  • Kusaka, S., Ando, A., Nakano, T., Yumoto, T., Ishimaru, E., Yoneda, M., Hyodo, F., Katayama, K., 2009. A strontium isotope analysis on the relationship between ritual tooth ablation and migration among the Jomon people in Japan. Journal of Archaeological Science. 36 (10), 2289–2297.
  • Kusaka, S., Ikarashi, T., Hyodo, F., Yumoto, T., Katayama, K., 2008. Variability in stable isotope ratios in two Late-Final Jomon communities in the Tokai coastal region and its relationship with sex and ritual tooth ablation. Anthropological Science. 116 (2), 171–181.

著作・著書・報告書・資料等

  • 日下宗一郎.2015.相国寺旧境内から出土した人骨および動物骨の安定同位体分析.同志社大学歴史資料館(編),同志社大学歴史資料館調査研究報告第13集 相国寺旧境内発掘調査報告書 今出川キャンパス整備に伴う発掘調査(第4次〜第6次)(本文編).pp. 178¬–182.
  • 日下宗一郎. 2015. 新入会館園紹介(平成27年度)ふじのくに地球環境史ミュージアム.博物館研究. 50 (11) p.51.
  • 日下宗一郎. 2015 ストロンチウム同位体分析による人の移動の復元.季刊考古学.第130号.雄山閣.pp. 79–81.
  • 日下宗一郎. 2014. 自然人類学における同位体分析の応用—縄文人の食性と移動—. 海洋化学研究 27, pp. 50–54.
  • 日下宗一郎.2014.化石と同位体分析.日本アフリカ学会編.アフリカ学辞典.昭和堂.pp. 480-483.
  • 日下宗一郎. 2014 古人骨の同位体からみた海産物消費.季刊考古学.第128号.雄山閣.pp. 74–76.
  • 日下宗一郎,覚張隆史.2014.長原遺跡(NG12-3次調査)出土の人骨および動物骨の安定同位体分析.大阪文化財研究所.大阪市平野区長原遺跡発掘調査報告 第28冊.pp. 125–128.
  • 石丸恵利子,日下宗一郎,米田穣,陀安一郎,湯本貴和.2014.長門国府(金屋地区)から出土した毛髪の炭素・窒素安定同位体分析.下関市立考古博物館(編),研究紀要第18号.pp. 1–7.
  • 日下宗一郎.2013.目に見えない物質の分布を知るために—同位体比の地図化.地球研ニュース No.42, pp.7.
  • 日下宗一郎. 2012. ストロンチウム同位体分析による移入者の判別とその解釈. 考古学ジャーナル 630, pp. 7–11.
  • 日下宗一郎, 片山一道. 2012. 縄文人の実像にせまる —安定同位体分析によるアプローチ. 阿形清和, 森哲, 井上敬, 高井正成, 高林純示, 船山典子, 村山美穂(編),生き物たちのつづれ織り 上. 京都大学学術出版会, 京都, pp. 3–12.
  • 米田穣,陀安一郎,石丸恵利子,兵藤不二夫,日下宗一郎,覚張隆史,湯本貴和.2011.  第4章 同位体からみた日本列島の食生態の変遷.湯本貴和,高原光,村上哲明(編),シリーズ日本列島の三万五千年——人と自然の環境史 第6巻 環境史をとらえる技法.文一総合出版,東京,pp. 85–103.
  • 日下宗一郎,覚張隆史,中野孝教.2011. コラム3 ストロンチウム同位体分析からわかる人や動物の移動.湯本貴和,高原光,村上哲明(編),シリーズ日本列島の三万五千年——人と自然の環境史 第6巻 環境史をとらえる技法.文一総合出版,東京,pp. 199–202.
  • 五十嵐健行,日下宗一郎,兵藤不二夫,片山一道.2009. 人骨と動物骨の炭素・窒素安定同位体分析による食性分析.江戸時代京都町民の人物像,生命表,病歴などを探る骨考古学的研究.平成20年度科学研究費補助金,基盤研究(C)研究成果報告書.pp. 127–137.
  • 片山一道,森本直記,中島雄二,日下宗一郎.2008. 新堂見尾一号墳被葬者人骨の形態学的分析.奈良県立橿原考古学研究所(編),橿原考古学研究所論集 第十五.pp. 689–704,八木書店,東京.(2008年9月13日)
  • 日下宗一郎, 片山一道.  2008. 縄文人の実像にせまる―安定同位体分析によるアプローチ.生き物たちのつづれ織り 第1巻、京都大学グローバルCOEプログラム 生物の多様性と進化研究のための拠点形成—ゲノムから生態系まで—、pp.89–94.