開催中の展示

1.常設展

教室等をリニューアルした10の展示室にて、地球環境史をテーマとした展示を行います。多数の標本を通じて、郷土の自然の豊かさを実感していただくとともに、「本当の豊かさとは何か?」という問いかけを、地球とヒトの歩んできた歴史を振り返りながら考えていく構成となっています。

詳しくは常設展ページへ

2.企画展

静岡のチョウ 世界のチョウ

会期:
平成28年12月10日(土曜日)より平成29年3月26日(日曜日)
会場:
企画展示室(2階)
説明:
古くから人々に愛されてきたチョウ。本展では、静岡に生息する全種の標本や世界の各地域を代表するチョウ、絶滅した貴重なチョウ等を紹介します。
詳しくは企画展ページヘ
過去の企画展

3.トピックス展

ケニア・ナイロビ郊外で初めて発見されたアウストラロピテクス

会期:
平成28年12月3日(土曜日)より平成29年1月15日(土曜日)
会場:
ふじのくに地球環境史ミュージアム2階ホットトピックギャラリー
説明:
ケニアの首都ナイロビ郊外のカンティス遺跡より、350万年前の哺乳類とアウストラロピテクスの化石が見つかりました。当ミュージアムの日下主任研究員は哺乳類の歯の炭素同位体分析から、当時の古環境が草原であったことを明らかにしました。この内容について紹介をします。
詳しくはトピックス展ヘ