講演「富士山の蝶から見えてくるもの」

お知らせ

富士山は日本一高い山ですが、高山蝶はいません。富士山の蝶相を特徴づけるのは山麓に広がる草原にすむ蝶です。
今、その草原の蝶がいなくなっています。そのわけは私たちの暮らし方にありました。蝶を通して見えてきた持続可能な暮らしについて考えます。

【開催日時】平成30年1月14日(日)13:40~15:50
【講師】清 邦彦(NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク)
【会場】ふじのくに地球環境史ミュージアム2階講堂
【定員】50人
【申込】当日先着順
【対象】どなたでも
 ※聴講には観覧券が必要です。
【主催】静岡自然を学ぶ会 ふじのくに地球環境史ミュージアム
講演会チラシ